唐々煙氏の漫画『曇天に笑う』が舞台化!玉城裕規、百瀬朔、佐野岳らが出演


B1PAUJtCQAAs0ir

■佐野岳らの出演で『曇天に笑う』舞台化!
 俳優の佐野岳が、来年2月に東京・天王洲の銀河劇場で上演される舞台『曇天に笑う』(来年2月21日~3月1日)に出演することが31日、わかった。日本テレビほかでアニメ化作品が放送中の同名漫画(原作:唐々煙/マッグガーデン)の舞台化。個性的な3兄弟を中心に、神話の世界と現実とが織りなす世界がダイナミックかつ繊細に描かれる同作で、佐野は次男・曇空丸役を演じる。

 佐野は「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」出身。9月まで放送されていた『仮面ライダー鎧武』で主演を務め、「オータムジャンボ宝くじ」CMの「イケメン金造」で話題になり、10月期のドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)にも出演中。

 自身も男3人兄弟の佐野は「空丸が兄弟に劣等感を抱くところはすごく共感できます。兄貴に、そして他人に認めてもらいたいというところでいろんな表情を魅せていきたい」と意気込む。今作では殺陣(たて)に初挑戦するが、「『鎧武』では生身のアクションを吹き替えなしでやらせていただいていたので、その経験をいかせられたら」と自信をのぞかせ、「全身全霊をかけて演じていきたいです。そして、作品が終わるころにはまた成長して“笑って”いられたら」と抱負を語った。

 3兄弟の長男・曇天火役はさまざまなジャンルの舞台で活躍する玉城裕規、三男・曇宙太郎役は『仮面ライダー鎧武』にも出演していた百瀬朔が演じる。 

http://www.oricon.co.jp/news/2043973/full/?ref_cd=tw_pic
 


 ネットユーザーの反応


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です