TVアニメ「七つの大罪 聖戦の予兆」 鈴木央描き下ろしの完全オリジナルストーリーが2016年8月より4週連続放送予定!


CeiQsdRWAAEz1NU

■アニメ「七つの大罪」(原作:鈴木央)のスペシャル番組が、8月に4週連続でMBS・TBS系全国28局ネットにて放送決定!
週刊少年マガジンにて連載中の「七つの大罪」は、かつて王国の転覆を企てたとされる7人の大悪党集団「七つの大罪」をめぐる冒険ファンタジー。2014年10月から2015年3月までテレビアニメが放送され、2016年には新作テレビアニメの制作が行われることが告知されていた。

8月にオンエアされる特別番組は、「七つの大罪 聖戦の予兆(しるし)」というタイトルにて、鈴木央書き下ろしの新作エピソードを展開。第1期のアニメ最終話で描かれた王国誕生祭からのつかの間の日々が、主要キャラクター勢ぞろいで届けられる。同作のキービジュアルも解禁!

さらに、第1期シリーズ全24話の再放送も決定。2016年4月6日(水)よりTOKYO MXにて、毎週水曜18:30~19:00に放送される。

■ストーリー
いまだ人と、人ならざるものの世界が、分かれてはいなかった時代。ヘンドリクセンとドレファスの二大聖騎士長の支配から王国を奪還した<七つの大罪>とエリザベス、ホーク。王国誕生祭も無事に終わり、リオネス王国にようやく平和が訪れた。だが、次なる脅威の予兆は、確実に生まれつつあった──。そんな気配を感じてか感じていないのか、<七つの大罪>たちはようやく訪れた日常を満喫していた。しかし、彼らの日常が普通で済むはずはなく…。これは、<七つの大罪>が次なる戦いに向かうまでの、つかの間の日々を描いたスペシャルな物語である!



 


 ネットユーザーの反応

▼New!LINE@のアカウント作ってみました!
友だち追加数

bn_pc_728_90_pro_02

▼この記事をシェアする

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です