アニメ「昭和元禄落語心中」(原作:雲田はるこ)の第2期制作が決定!舞台はいよいよ現代へ


news_xlarge_rakugo_tv_key

■雲田はるこ原作によるアニメ「昭和元禄落語心中」の第2期制作が決定!
1月より放送され、4月1日にオンエアされた第13話にて最終回を迎えた「昭和元禄落語心中」。石田彰演じる菊比古と山寺宏一演じる助六、落語のために生きた2人の過去を中心にこれまで描かれてきたが、2期では舞台をいよいよ現代に移し展開していく。

4月25日には東京・池袋演芸場にて、「昭和元禄落語心中寄席~作中の根多を聴く~」と題した落語会を開催。劇中に登場した根多(ネタ)の数々を、プロの落語家が実演する。

■「昭和元禄落語心中寄席~作中の根多を聴く~」
!902
日時:2016年4月25日(月)17:30開場、18:00開演
会場:池袋演芸場
住所:東京都豊島区西池袋1-23-1 エルクルーセB2
料金:前売り2000円、当日2500円

ラインナップ
「子ほめ」春風亭朝也
「出来心」古今亭志ん陽
「明烏」古今亭文菊
粋曲 柳家小菊
「死神」柳家権太楼

アニメ「昭和元禄落語心中」
 




 ネットユーザーの反応

▼New!LINE@のアカウント作ってみました!
友だち追加数

bn_pc_728_90_pro_02

▼この記事をシェアする

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です