「黒子のバスケ」事件 被告を幕張メッセ脅迫で再逮捕


K10050307011_1402051312_1402051316_01

人気漫画「黒子のバスケ」を巡る事件で、コンビニエンスストアの店頭にニコチンを混入した関連商品を置いて業務を妨害したなどとして逮捕された男が、漫画の出版社にも脅迫文を送りつけて主催したイベントを妨害したとして、警視庁に再逮捕されました。

この事件は、人気漫画「黒子のバスケ」の作者を中傷する文書などが出版社や報道機関などに相次いで送りつけられたもので、派遣社員の渡邊博史容疑者(36)が、作者の出身大学の上智大学に硫化水素を発生させた容器などを置いたほか、コンビニエンスストアの店頭にニコチンを混入した関連商品を置くなどして業務を妨害したとして逮捕されています。

一連の事件では、全国でおよそ450通の脅迫文が送られていますが、警視庁は、渡邊容疑者がおととし11月に、漫画を出版する東京・千代田区の「集英社」にも脅迫文を送り付け、主催した漫画に関連するイベントを妨害したとして、威力業務妨害の疑いで再逮捕しました。

イベント自体は千葉県内の会場で開かれましたが、関連する商品の販売などは中止になったということです。
調べに対し、渡邊容疑者は「成功した作者が妬ましくイベントを中止に追い込むことで漫画を潰そうと思った」と供述しているということです。

>>http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140205/k10015030701000.html

■ネットユーザーの反応

・威力業務妨害の疑いで再逮捕か

・黒バス犯人、あと何回再逮捕されるんだろう…

・前回はお菓子の件、今回はジャンプフェスタの件。どんどん増えるよ逮捕の輪

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です